​自社大工紹介

棟梁
西川省三(にしかわ しょうぞう)

大工
武本涼太(たけもと りょうた)

大工
袖野僚太(そでの りょうた)

大工
八木澤郁弥(やぎさわ ふみや)

大工
塩口竹次郎(しおぐち たけじろう)

棟梁 西川省三(にしかわ しょうぞう)

 

Q:出身は?
A:東村山です

Q:仕事歴は何年ですか?
A:26~27年です。(2019年現在)

Q:大工職の就いた理由は?
A:物作りが好きだからです。

Q:得意な作業はありますか?
A:物を加工することですかね。

Q:仕事で心掛けていることは?
A:若手育成や現場での丁寧な作業を心掛けています。


お客様からの指名も多く、作業が丁寧で現場が常にキレイだと評判な、木づつみの頼りになる棟梁です。

大工 武本涼太(たけもと りょうた)

 

Q:出身は?
A:東京都東村山市

Q:仕事歴は何年ですか?
A:8年です。(2019年現在)

Q:大工職の就いた理由は?
A:物造りが好きなことと、親が大工をしていてその影響で興味を持ちました。

Q:得意な作業はありますか?
A:家具づくりが得意です。

Q:仕事で心掛けていることは?
A:丁寧な作業、仕事。丁寧なお客様対応です。

現場は常にキレイで丁寧な仕事ぶりに加え、真面目で施主様の質問・疑問点にも丁寧に応えてくれることから、若いのにしっかりしている!と評判です。
若い大工さんのリーダーでもあります。

大工 袖野僚太(そでの りょうた)

 

Q:出身は?
A:東京都東村山市です。

Q:仕事歴は何年ですか?
A:6年目です。(2019年現在)

Q:大工職の就いた理由は?
A:小さい時から物づくりが好きだったので。

Q:得意な作業はありますか?
A:大工の仕事全般です。

Q:仕事で心掛けていることは?
A:現場をキレイに保ち、事故やケガに気を付ける事です。

お客様に言って頂ける「ありがとう」と、喜んでもらった時の笑顔が僕の財産ですと言う、優しくてまじめな大工さんです。​
木づつみの将来を担う頼もしい存在です。

 

大工 八木澤郁弥(やぎさわ ふみや)

Q:出身は?
A:東京都練馬区です。

Q:仕事歴は何年ですか?
A:3年目です。(2019年現在)

Q:大工職の就いた理由は?
A:家を建てることに興味を持ちました。

Q:得意な作業はありますか?
A:釘打ちです。

Q:仕事で心掛けていることは?
A:キレイな現場です。

笑顔が爽やかな若手大工さん。
​まだまだ経験は浅いですが、棟梁や大工リーダーの指導の元、技術は着実に上がっています。これからに期待していてください!

大工 塩口竹次郎(しおぐち たけじろう)

 

Q:出身は?
A:岩手県大船渡市。

Q:仕事歴は何年ですか?
A:57年くらいかな。大黒屋は平成元年からです。(2019年現在)

Q:大工職の就いた理由は?
A:大工仕事が好きだったから。

Q:得意な作業はありますか?
A:和室などの造作工事。


日本四大名工の気仙大工(※)さんです。
腕がよく、まじめで人柄がいいので、施主様や業者さんからも親しまれています。

※気仙大工は岩手県気仙地方(藩政期は伊達領)の大工の呼称です。江戸時代から南行(なんこう)といって出稼ぎを中心とした大工集団をつくり、民家はもちろん堂宮から建具、細工もこなす多能な一団でした。